成年後見制度

1.成年後見制度とは  

  ・判断能力が不十分な人を助ける制度です。
  ・成年後見制度には、既に判断能力が不十分な人を
   対象とする「法定後見制度」と判断能力は問題がないが
   将来、判断能力が低下したときのために備える
   「任意後見制度」があります。

2.法定後見制度

  ・法定後見制度は、判断能力の程度に応じて、
   補助・保佐・後見の3つに分かれます。
    (1)補助
       判断納力が不十分な人
    (2)保佐
       判断能力が著しく不十分な人
    (3)後見
       常に判断能力を欠く人


3.任意後見制度

  ・判断能力に問題がないが、将来、自身の判断能力が
   低下した際に自分のお世話をして繰れる人(任意後見人)と、
   任せる内容を決めておく制度です。
  ・この契約は公正証書による必要があります。