遺言

1.遺言とは 

  ・死者の最終意思を尊重する制度です。

2.遺言がある場合

  ・遺言に従って財産を分けるのが原則です。
  ・遺言書に書かれた内容は法律上も尊重されます。
  ・相続人以外にも財産を遺すことができます。

3.遺言がない場合

  ・相続人全員による遺産分割協議により決めることに
   なります。

4.遺言を遺しておいた方がよい人

  ①自分の望み通りの遺産分割をしたい。
  ②内縁の妻に遺産を遺したい。
  ③長男の嫁に遺産を遺したい。
  ④子どものいない夫婦が、妻に全財産を遺したい。
  ⑤養子縁組をしていない配偶者の子どもに遺産を遺したい。
  ⑥相続人以外の人に遺産を遺したい。
  ⑦特定の団体に寄付をしたい。
  ⑧暴力をふるう子どもに遺産を渡したくない。